庭木の剪定方法

キンモクセイの剪定をする時期・強剪定で小さくできるのはいつ?

キンモクセイ(金木犀)の剪定時期と強剪定の方法

 

タマ
タマ
大きくなったキンモクセイを小さくしたいので、剪定の時期や強剪定の方法が知りたいです。
また、一気に小さくする枝下ろしなどはしても大丈夫ですか?

 

少し前に建てられた家であればかなりの確率であるのが大きく成長したキンモクセイですね。

ここでは、キンモクセイを剪定する時期や小さくするために強剪定の方法などについてまとめています。

 

庭木の定番のキンモクセイ(金木犀)

 

和風のお宅の庭には高確率で植えられているキンモクセイは庭木の定番と言って良いでしょう。

秋になると咲くオレンジ色の小さな花と近くを歩けばすぐにキンモクセイだと分かる強い香りが楽しめるので、剪定をするにも花が楽しめるように気を付けたいですね。

それでは、まずキンモクセイについてチェックしてみましょう。

種類 常緑樹
最大樹高 3m~8m
成長速度 非常に早く1年で20cm~30cmは伸びる
植栽場所 半日陰
お手入れの難易度 とても簡単
水やり 植えて2~3年ほど成長した木は雨だけで十分
花の色 小さなオレンジ色の花が咲く
雌株には実がつく
属種 モクセイ

 

マキ
マキ
キンモクセイは放置しておくと家の屋根を越えるような巨木になってしまいますので、あまり大きくなってほしくないのであれば毎年コンパクトにする剪定が必要ですね。

キンモクセイ(金木犀)の剪定をする時期

キンモクセイ(金木犀)の剪定をする時期

 

キンモクセイの剪定をする時期は9月~10月に花を楽しんだ後の11月頃、花芽が出る前の2月から3月までです。

キンモクセイは、剪定というよりも全体を丸くする刈り込みが一般的で、主に花後の11月にお手入れをすることが多いですね。

時期的にも花が散った後で掃除などもしないといけませんので、植木屋に頼めばまとめて掃除してもらえるので楽ということもあります。

全体を丸く刈り込んだ後は、中の混み合った枝も切って手前から反対側が透けるような状態にすると木は元気に育ちますし、害虫も付きにくくなります。

キンモクセイは一応剪定のオススメ時期がありますが、花も気にしないのであれば多少時期を外して切っても強く切らない限りは問題ありません。

 

マキ
マキ
春から夏にかけて一気に伸びてくるのですが、その頃に刈り込んでしまうと花が咲かなくなりますので、花を見たいのであれば剪定は避けましょう。

 

11月の剪定ではあまり強く切ると冬の寒さに耐えられずに樹勢が弱ってしまうことがありますので、この時期に強く刈り込むことは避けた方が良いでしょう。

 

植木屋さんの料金の相場はいくら?
植木屋さんのお手入れ料金の相場・業者によって費用はまったく違う植木屋さんに庭木の手入れをお願いしようと思っているんですが、料金の相場ってどれくらいなんでしょうか?植木屋として1年に軽く500件以上の見積りをしていた経験からすると、料金の相場は業者によってまったく違います。...

 

キンモクセイの強剪定をして大丈夫な時期

 

キンモクセイの強剪定をするのは2月から3月です。

できれば厳寒期は避けたいので2月でも寒すぎる時期は避けた方が良いですね。

3月の暖かくなり始めがキンモクセイを強剪定で小さくするのに一番良い時期になります。

ただ、一気に小さくし過ぎてしまうと枝枯れを起こしたり、木が弱ってしまいますので、葉にある程度の厚みを残して小さくしていく方が良いですね。

 

キンモクセイは枝下ろしで一気に小さくできる?

 

キンモクセイの枝下ろしも厳寒期を避けて2月末から3月末くらいまでにすれば大丈夫です。

極力形を崩さないように全体を見ながら、葉が十分に残っている内側部分ギリギリで切って行けば綺麗な形で残す事もできるでしょう。

 

マキ
マキ
伸びっぱなしで放置状態の7m~8mクラスのキンモクセイを4m程まで枝下ろしをして小さくすることもできますが、枝ゴミも大量にでますし、さすがに植木屋さんに任せた方が良いでしょう。

 

キンモクセイの葉が縮んでしまっている原因はハダニ

 

キンモクセイは葉が変色したり、クシャッと縮んでしまっている状態になることがあります。

この原因は「ハダニ」であることが多いですので、ハダニ用の消毒をキンモクセイに掛ければ後から生えてくる葉は元気になります。

薬剤を散布する場合は、ハダニが付く葉の裏側を念入りに掛けると良いですね。

 

キンモクセイの花が咲く時期

キンモクセイの花が咲く時期

 

キンモクセイの花は9月から10月頃にオレンジ色の小さな花がたくさん付きますね。

花芽は4月から8月に伸びる枝先に出来ているので、そのあたりで剪定してしまうと花を楽しむことは出来なくなります。

また、日陰に植わっている場合や直射日光が強すぎる場所の場合も花が少なかったり、場合によっては咲かなかったりしますので、これから植えるのであれば半日陰にしておきましょう。

また、車の通りの多い場所ではキンモクセイの葉が黒ずんでしまって花が咲かなくなることもありますので、そういった場所では定期的に葉に水を掛けてあげて下さい。

 

マキ
マキ
キンモクセイはトイレの芳香剤としても使われるので、人によってはキンモクセイの香りを嗅ぐと「トイレの匂い」といって好まない人もいますよね笑

 

キンモクセイの実がなる時期

 

キンモクセイも雌株には薄緑色の実が結実します。

しかし、日本に出回っているキンモクセイは花芽が多く付く雄株がほとんどのようで、実がなる雌株はまず見ることがありません。

私もそれなりの数のキンモクセイを見てきましたが、数える程度しか実を見たことはありません。

 

キンモクセイを苗から育てる

 

キンモクセイは苗から育てる場合は4月~5月、10月~11月に植え付けるのが一般的です。

水はけが良く酸性の土を好みますので、直射日光の場所を避けて植えましょう。

また、キンモクセイは毎年コンパクトにするお手入れをしないと葉張りが3m~4mになってしまいます。

壁際など隣家に接するような場所に植えるとすぐにご近所迷惑になりますので、前後左右に広くスペースが取れる場所に植えた方が良いですね。

 

マキ
マキ
挿し木でも簡単に増えますが、成長するのに5年以上掛かりますので苗木から育てた方が早く楽しめますよ。

 

キンモクセイ(金木犀)の苗木の販売価格

 

キンモクセイは成長も早いですし、育てやすいので比較的安く手に入ります。

30cm前後 1,000円前後
1m前後 2,000円~3,000円

地植えにするとあっという間に大きくなるので、小さな脚立で手が届く内に小まめにお手入れした方が良いですね。

 

キンモクセイ1本の剪定だけでも植木屋に頼める

 

すでに大きくなった木や自分ではどうしようもない場合は、一本からでもお手入れに来てくれる植木屋さんにお願いしてみるのも良いですね。

たくさん庭木がある中で1本だけという指定も可能ですし、新しく植えたい木の相談にものってくれますよ。

庭木1本からの剪定料金を知りたい場合は、日本各地の植木屋やいろんな業社を比較できる口コミの比較サイトで費用の相場をチェックして依頼すると良いでしょう。

 

植木屋やシルバーさんに依頼する場合はこちらをご参考にどうぞ。

庭木のお手入れはシルバーか植木屋のどちらが良い?
庭木の剪定は植木屋とシルバー人材センターのどちらがおすすめ?庭木の剪定を植木屋さんに頼もうと思うのですが、シルバー人材センターと比べるとどちらがおすすめですか?ここでは、庭木の剪定に植木屋とシルバー人材センターのどちらがおすすめかについてチェックしてみましょう。...