雑草対策

雑草の対策に一番効果が高い方法はなに?・コンクリートは嫌だ

雑草対策で一番効果がある方法はなに?
タマ
タマ
庭に雑草が生えて困るので何か対策をしたいのですが、一番効果がある方法って何ですか?
マキ
マキ
私も植木屋時代にかなりのお宅で見積りをしてきましたが、雑草対策で困っている人は本当に多いですね。

なかには、雑草が嫌だからと家の周囲を全てコンクリートで埋めてしまっている家も多いですが、全てコンクリートにすると家の周りが夏は暑い、冬は寒いとあまり良くありません。

ここでは、一般家庭で雑草の対策に一番効果がある方法は何か?どんな方法があるのかについてチェックしてみましょう。

雑草の対策に一番効果がある方法は?

 

雑草対策と言えば以下のようなことが考えられます。

雑草対策は何がある?

1.地道に草むしりを頑張る

2.除草剤を使う

3.固まる土を敷く

4.防草シート+砂利敷きまたは人工芝

5.全面コンクリートにしてしまう

6.インターロッキングにする

マキ
マキ
結論から言ってしまえば、植木屋で働いてたくさんのお宅の防草対策をしてきた私の経験としては費用対効果とメンテナンス性を考えれば「防草シート+砂利 or 人工芝」がオススメです。

 

草刈りを業者に依頼する費用の相場
草刈りを業者に頼む費用の相場・近所迷惑になる前にしましょう草刈りがやってられないから、業者さんに頼みたいけど費用はどれくらいが相場なのか知りたい。ここでは植木屋として年間500軒以上の見積りをしていた私の経験から、草刈りを業者に依頼する場合の費用や料金の相場や業者探しの注意点をチェックしてみましょう。...

 

1.雑草対策には定期的に草むしりを頑張る

 

費用が掛からず、自然な景観も保てるのは定期的に草むしりをすることでしょう。

めんどくささではダントツ1番ですが、費用も掛かりませんし、何も考えずにひたすら抜けば終わりです。

また、自然な景観にこだわりたいのであれば、定期的に草取りを業者さんに依頼するの良いでしょう。

費用は掛かってしまいますが、定期的に依頼することで草の量も減りますし、余程広い庭でなければ1時間2,000円程からの業者もあってそれほど費用は掛かりません。

 

2.雑草対策に除草剤を利用する

 

個人的にはおすすめしない方法ですが、除草剤を利用するのは安価で効果が高く手軽です。

除草剤には雑草だけに効く除草剤と植木だろうとなんだろうと枯らせてしまう2タイプの種類があります。

庭で利用するのであれば雑草だけに効く除草剤を利用しないと大変なことになりますので注意しましょう。

除草剤は、気になるところに撒いておけば良いだけなので本当に簡単に利用できますね。

タマ
タマ
でも、除草剤って庭に使っても健康被害とか無いんですか?

除草剤の中には、無害だというモノもあるのですが、小さな子どもやペットが居る家庭での利用は避けた方が良いでしょう。

また、日本では当たり前に販売されているラウンドアップなどの効果が高いと言われて人気のブランドがありますが、アメリカでは発がん性物質が含まれているとして訴訟で負けたりもしています。

こういった除草剤の規制は世界中で広まっていますが、日本ではあまり知られていませんね。

もちろん、全ての除草剤に問題がある訳ではありませんが、植物を枯らせるモノですし、子供やペットが居る環境では使わない方が良い薬剤なので環境に良い訳がありません。

3.固まる土を敷いて雑草を防ぐ

 

固まる土は、土とコンクリートを混ぜた物で、気になる場所に敷いて水を撒くだけでコンクリートのように固まるというとてもお手軽な土です。

見た目は完全な土なので、土色の景観を保ちたいという人が良く利用しますね。

固まる土のメリット

・敷設がとても簡単

・土色で自然な色を保てる

・掃除が簡単で猫の糞なども防げる

固まる土のデメリット

・均等に敷設しないと薄いところから割れて草が出てくる

・3年もすれば経年劣化で黒ずみを帯びて地面の色が汚くなってくる

・5cmの厚みで1㎡当たり1万円ほどするので高額になる

・数年経って劣化した時にやり直しが大変

私も何軒かのお宅で依頼されたことがありますが、基本的には固まる土は勧めないと伝えていましたね。

固まる土と言っても要はコンクリートなので、地面をすき取って高さを下げてから十分な厚みで敷く必要がありますし、そこまでやってもひび割れなどから草は出てきます。

マキ
マキ
敷設は簡単なんですが、デコボコにならず、長持ちするように本気で綺麗に仕上げたいなら業者に頼まないとダメですね。

また、種類によっては劣化とともに表面に細かい砂が溜まるようになることもあります。

4.防草シートと砂利敷きまたは人工芝

タマ
タマ
やっぱり防草シートは雑草対策に一番効果があるんでしょうか?

雑草対策で、効果が高く雑草を高確率で長期間防ぐことができるのは間違いなく「防草シート+砂利敷き」または「防草シート+人工芝」の組み合わせですね。

しっかりと施工すれば本当に草が生えてこなくなりますので、費用面から見ても断然おすすめの方法です。

除草した場所に防草シートを敷くだけでも効果はありますが、さすがに一般家庭の庭にむき出しの防草シートはかっこ悪いですので、砂利でオシャレにした方が良いでしょう。

防草シートのメリット

・しっかりと施工すれば10年単位で雑草を防ぐことが出来る

・手間暇をかければ何の技術もない素人でもできる

・砂利を敷けば歩くと音がするので防犯対策にもなる

・人工芝なら自然なイメージが保てて子供が遊ぶにも良い

防草シートのデメリット

・作業で出る残土の処分や砂利の搬入と敷設などDIYはかなり大変

・庭が猫の通り道だと細かい砂利を使うと糞害に困ることがある

・細かい砂利だと子供が口に入れてしまう可能性がある

防草シートの上には砂利ではなく、ウッドチップやバークチップを敷くという方法もありますね。

砂利、ウッドチップ、人工芝などはどれが良いということはありませんので、予算やどちらの景観が好きかで決めれば良いでしょう。

物によっては、保温や消臭効果もありますが、ペットが居る家庭や小さいお子さんが居る家庭では誤飲、誤食を防ぐために利用しない方が良いかも知れませんね。

また、徐々に土化して行くので、長期間利用していると土が溜まり、防草シートの上に溜まった土から草が生えて来る可能性もあります。

マキ
マキ
自分でDIYする手間と費用を考えてから、業者に無料見積りを依頼して、どちらが良いか検討すると良いですね。

 

雑草対策に効く防草シートの種類と選び方
雑草対策に効く防草シートの種類と選び方・砂利も敷けば効果大防草シートを設置しようと思うんですが、防草シートってどんな物を選べば良いですか?ここでは、雑草対策に効く防草シートの選び方やどうやって使うのが良いかをご紹介しましょう。防草シートと砂利敷きでお庭の雑草とお別れしましょう。...

 

5.庭を全面コンクリートにしてしまう

 

もちろん、全面コンクリートにしてしまえば、よほど手抜き工事をしない限りさすがの雑草も生えてこないでしょう。

コンクリートのメリット

・間違っても草が生えてこない

・歩きやすい

・猫の糞害などにも悩まされることがない

コンクリートのデメリット

・家の周囲が夏は暑くなり冬は寒くなる

・ナチュラル感が無くなってしまう

・施工費用が高い

全面コンクリートと言っても、一部花壇などにしてしまえば自然な感じも残せて良いですね。

もしくは、コンクリートの上に人工芝を敷くという手もあります。

どちらにしても、草とは確実にお別れできますが、費用はダントツで高くなるのは間違いありません。

6.庭をインターロッキングにする

全面コンクリートが可愛くないということであればインターロッキングを施工する方法もあります。

ただし、見た目はオシャレなのですが、インターロッキングは数年立てば間違いなく隙間から雑草が生えてきますね。

しかも、生えだすと抜きづらいという大きなデメリットもあります。

費用的にもコンクリートを施工するよりも高くなるのは間違いないですね。

お庭の雑草対策のまとめ

 

やはり、雑草対策としておすすめできるのは「防草シート+砂利敷きor人工芝」または「地道な草むしり」のどちらかですね。

もう庭の雑草に手間暇を掛けたくないので、一度で終わらせたいということであれば「防草シート+砂利敷きor人工芝」を選択するのがベストでしょう。

狭い範囲であれば自力で頑張るのも良いですが、範囲が5㎡くらいを越えてくるのであれば本当に面倒くさいですので、費用が掛かっても業者に依頼することを強くおすすめしますね。

本気で庭をリフォームしたいなら、業者さんに任せれば予算によって、デザイン的にもオシャレなお庭を提案してくれますので見積り依頼してみると良いですよ。

草むしりを業者に頼んだ費用の相場は?
庭の草取りや草むしりに掛かる費用の相場・業者選びの注意点草取りを業者に頼もうと思いますが費用の相場ってどれくらいになりますか?植木屋として年間500軒以上の見積りをしていた私の経験から、植木屋や草むしり専門業者に庭などの除草を依頼した場合に掛かる料金や費用の相場をチェックしてみましょう。...