庭木の剪定方法

大きくなり過ぎたコニファーは小さくできる?・強剪定で枯れる

大きくなり過ぎたコニファーを小さくしたい

 

タマ
タマ
庭に植えたコニファーが大きくなり過ぎたので持て余しています・・・。
これってお手入れが出来るくらいに小さくできますか?
マキ
マキ
植木屋をしていた時はコニファー系を小さくするお手入れはたくさんしました。できない事はないのですが、仕上がりに納得行くかどうかは難しいところですよ。

 

コニファー(針葉樹)などのゴールドクレストやスカイロケットなどを庭に植えて、大きくなり過ぎてどうしようもないというのは良くある話です。

特に苗から植えて10年ほど放置しておけば家の屋根を越えてくるなんてことは普通にありますからね。

ここでは、大きくなり過ぎたコニファーは小さくできるのか?またその方法をチェックしてみましょう。

 

大きくなり過ぎたコニファーは小さくできる?

 

マキ
マキ
最初に結論から言えば5m程度の大きさまでであれば高さを下げて形を作ることはできますが、7m~8mになっていると高所作業車などが入れる場所でないと無理です。

正確に言えば、出来ないことはありませんが、大きく高さを落とすことで下記のようなことになります。

 

主幹を強く切ることで枯れる可能性がある

 

高さを落とそうと思えば、主幹をバッサリと切り落とさなければいけません。

当たり前ですが、主幹を切るということは木の一番大切な部分を切り落としてしまうということですので、防腐剤などを塗ったとしても枯れる可能性がありますね。

きれいな三角錐には仕上がらない

大きくなりすぎたコニファーを小さくできる?

コニファー系といえばきれいな三角錐が可愛くて人気ですが、高さを落とすことで三角錐は保てなくなります。

特に大きくなり過ぎたゴールドクレストやスカイロケットなど一気に高さを落とすと、台形になってしまうので、かなり格好の悪い形になります。

変に仕立ててしまったが為にこんな風になってしまい、いつ倒れるか分からない状態になっているコニファーも良くありますね。

 

 

マキ
マキ
手の届くところだけ切っているうちに頭でっかちになります。こうなってしまうと早い内に伐採か抜根してしまわないと、強い台風でも来たら倒木する可能性が高いですよ。

 

強くきることで葉が無くなって枯れる

 

コニファー系の木を植えていると分かると思いますが、お手入れされていないコニファーは表面の葉をめくって中を見ると中は半分ほどは枯れている状態です。

コニファー系の木は、葉の無い場所まで切ってしまうと新しく葉が出てくることがありませんので、葉張り(横幅)を小さくし過ぎるとそのまま葉が出てこなくなって枯れることになります。

要は、横幅は葉のある場所までしか小さくできないので、中の葉が少なければ枝しか残らず、その枝から葉が出てくることはないということです。

樹高は強く切っても枯れなければどうにかなりますが、葉張り(横幅)を小さくすることはまず無理な場合がホトンドと言えるでしょう。

 

こういったことは、植木屋さんとしっかりと相談すれば説明してくれます。

各地の業者に依頼した場合の料金を比較できるくらしのマーケットで庭木一本を手入れする費用の相場と口コミをチェックして依頼すると良いでしょう。

 

コニファーが小さくできるのは3分の2ほどが限界

樹形によりますが、この画像位のコニファーであれば枯れないように安全に小さくできる高さは全体の3分の2くらいまでです。

約6mほどありますので、刈り込んで形を整えるのであれば4mくらいまで下げるのが枯れを防ぐ限界となるでしょう。

樹形を見ながら三角錐の頂点に葉が残せるギリギリまで刈り込んで行けば、だいたい3分の2くらいの高さになります。

 

マキ
マキ
コニファーの高さを下げて、形を整えるのに必要な料金の相場は上の画像程度のコニファーを1本だけ頼むのであれば5,000円くらいですね。

 

高さを下げて形を三角錐のようなイメージで刈り込む場合は少しくらい頂点がハゲて見えてしまっていても、1年も経てば青々としてくるので問題ないでしょう。

ただし、主幹も切ってしまうので、主幹を覆うように徒長した枝が上に伸びることになり、先端が2つや3つに分かれてしまうので、きれいな三角錐になる可能性は少ないですね。

 

マキ
マキ
刈り込みではなく、葉を透かして普通の木のように剪定していく方法もありますが「こんなにスカスカしてそれってコニファーなの?」という可愛そうな感じになるのであまりオススメではありません。

 

コニファーが真っ二つになる感じで台形にバツンと切ってしまうと、上に伸びるのではなく丸い玉にのようになっていますね。

また、さすがに台形まで切ってしまうと2年から3年くらいは上から見るとハゲたままです。

 

もちろん、8m以上もあるコニファーを刈り込んで小さくしようと思うと脚立だけではどうしようもないこともあるので、この場合は高所作業車などが必要になることもあります。

こうなると高所作業車が使える場所かどうかというのも関わってきますね。

 

大きくなり過ぎたコニファーは伐採してすっきり

 

植木屋としてたくさんのお宅を見てきた限り、大きくなり過ぎたコニファーで心労を抱えている人は少なくありませんでした。

かと言って、せっかく育てた木を伐採してしまうのも可哀想だという気持ちもあるのでどうにかしたいという気持ちも良く分かります。

しかし、元植木屋としての経験上は将来のことを考えると大きくなりすぎたコニファー系はひとまず伐採・伐根する方が良い方向に進みます。

 

マキ
マキ
悩んだ挙げ句に伐採・伐根した後は、悩みが解消されたからか間違いなくスッキリと爽やかな顔をしている方ばかりでした。

 

覆っていた木が無くなることで庭もとても明るくなりますし、また新しい木を植えるという楽しみもできますからね。

コニファーを小さくする作業は高くなりがち

 

コニファーを小さくする作業や伐採作業でも、伐採作業は次がない一発勝負の作業なので高めになることが多いです。

間違いなく業者によって数千円、多いと数万円の差がでることもありますので、絶対に最低でも3社は相見積りをすることを強くおすすめします。

マキ
マキ
最近では、ネットにホームページを持っているような業者であれば、ほぼ間違いなく見積り相談は無料ですし、出張料も必要ありませんからね。

反対にタウンページにしか出ていないような不透明な業者は、見積りや出張費用を請求されたり、ボッタクリに遭う可能性が高まりますので要注意です。

 

コニファーを1本だけ小さくするのも大丈夫

 

コニファー1本を小さくするだけでも植木屋によって料金がバラバラなので、少しでも安くするのであればたくさん見積りを依頼するのが確実です。

 

ただし。

 

ハッキリ言って庭木の剪定に植木屋やシルバーで相見積もりを何社も取って対応するのはめちゃくちゃめんどくさいのでやってられないという人も多いでしょう。

 

なので、私が最初におすすめするのはテレビコマーシャルでも宣伝している【くらしのマーケット】です。

くらしのマーケットであれば・・・

すべての業者の口コミ評価から選べる
どんな人が来るのか顔写真が掲載されている
業者の料金や作業内容をチェックすることができる
庭木1本や少ない本数でも対応してくれる

このような感じになっているのでいくつも見積もりを取る必要がありません。

私の植木屋経験から草刈り業者や植木屋など色々とチェックしてみましたが、料金が上乗せされているようなこともなく一般的な業者の通常料金ですね。

 

営業地域 全国
営業時間 受付は24時間・返信対応は各登録業者による
見積り費用 オンラインで確認、相談
支払い方法 担当業者に直接お支払い・業者によりクレカ決済可能
対応作業 庭のお手入れから家のトラブル全てに対応

 

こういった比較サービスは悪いことをすれば口コミで書かれしまいますし、なかなか顔出しで悪さはできません。

酷評があればすぐバレてサクラも難しいので「評価が高い業者=良い業者」と思って良いでしょう。

作業についても、事前に業者さんと相談して納得した上で依頼できるので安心ですね。

さらに、一般的な植木屋では対応していないクレジットカード決済ができる業者さんも選べるので、ポイントを貯めている人には嬉しいサービスです。

 

 

庭木の伐採費用の相場は?
庭木の伐採費用の相場はどれくらい?・伐採業者はボッタクリに注意ここでは、庭木の伐採に掛かる費用の相場が知りたい方の為に、植木屋として年間500軒以上の見積りを担当していた私の経験から庭木の伐採作業料金について説明しましょう。...

 

一般的な業者さんで見積もりをしたい場合はこちらからどうぞ。

剪定110番・見積り無料

剪定110番は日本全国にある地元の植木屋さんが加盟しており、提供サービス全体で年間20万件以上のお手入れ実績があります。庭木の剪定、伐採、草刈りなどお庭に関するサービスを地元の専門業者が担当しますので、わざわざタウンページで探して、有料の見積りをする必要もありません。

営業地域 全国
営業時間 24時間365日対応
見積り費用 見積り無料(※一部対象外地域あり)
支払い方法 現金
対応作業 庭まわりなら何でも対応可能
庭木1本からのお手入れに対応

実績多数!庭木一本からのご依頼も可能【剪定110番】